スポンサーリンク

婚活って疲れますよね

 

いや、本当に。

 

なんで婚活疲れるの?

仕事で疲れるとか遊び疲れるは分かるけど、婚活で疲れるってイメージがわかないなぁ。

 

婚活をしたことが無いようなイケメンとか美女とか彼氏彼女持ちの人には分かりませんよ!

 

そんなに怒らなくってもいいじゃない・・。

 

ということで、今回は婚活に疲れたらについてお話したいと思います。

 

① 婚活に疲れるってどういうこと!?

 

まずは、婚活に疲れるってイメージがわかないと思います。

 

それもそのはず、彼女や彼氏を作るのに疲れるってあまり聞いたこと無いですよね?

 

婚活に疲れた人は7割いる!

 

IBJさんの調査によると2017年時点で婚活していた人にアンケートをしたところ7割も婚活に疲れたと感じたことがあるそうです。


(IBJ「【調査レポート】婚活中の皆さんが「ネット婚活」で感じることを調査いたしました。」より引用)

 

また、同調査で婚活で疲れる時はどんな時かというと相手が見つからないときがダントツでした。

(IBJ「【調査レポート】婚活中の皆さんが「ネット婚活」で感じることを調査いたしました。」より引用)

 

「相手を探しても見つからない」や「フェードアウトされる」と精神的なダメージで疲れてしまう

 

IBJさんの調査で「なかなか相手が見つからない時」の中には色々とあると思いますが、私はその中でも大きく2つあると思います。

 

一つは「相手を探してもみつからない」場合で、男性の場合はアプローチしてもほぼ反応が無く、女性の場合はデートやメッセージの段階でなんか違うなぁと思ってしまったりすることが多いです。

 

もう一つは、フェードアウトされることです。

 

フェードアウトされた直後は分からないものなので「どうしたのかな?」と思ってしまうのです。

 

精神的なダメージは大きいですよ。

 

フェードアウトに関しては別に記事を書いているので御覧ください。

 

婚活疲れにはお金との相談も・・・

 

婚活サイトや婚活エージェント、婚活パーティーや結婚相談所と婚活にはお金がかかってしまいます。

 

また、婚活用に身だしなみを整える必要があったり、デートの費用もかかってしまいます。

 

相手が見つからなさすぎると「お金をドブに捨てているものじゃないか!」と諦めてしまう人も中にはいるでしょう。

 

生活的な部分で婚活に疲れることもある

 

婚活を始めると時間を取られます。

  • 相手を探す。
  • 連絡を取り合う。
  • デートする。

 

おそらく少数だと思いますが、時間にタイトな人や一人の時間を重視する人に取っては、婚活していると徐々に疲れていってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

ちなみに私はその一人です。

 

キミの場合は20代ほとんど彼女いなかったし、一人の時間に慣れすぎでしょ。

 

まぁ、そうですね・・・。今まで、家に帰っても趣味をしていることが多かったですが、婚活するようになってから連絡を取り合ったり、休日にデートと時間を取られている気分にはなります。

 

それって、婚活しないほうがいいんじゃ・・・。

 

きっとそういう気分になるのは、一人に慣れすぎてるからで自然と誰かと一緒にいられるようになるのも慣れですよ!

 

婚活で疲れることをまとめると・・・

  • 婚活はいろいろと精神的なダメージを受ける。
  • お金がかかってしまう。

 

婚活で疲れることは分かったけど、実際に疲れるとどうなるのさ?

良い質問ですね!

 

ふっるいなぁ!そのセリフ!

 

次に婚活に疲れるとどうなるのかについてお話しましょう!

 

② 婚活に疲れてくるとどうなるの?

 

やる気が無くなる

人は結果がでないと辞めてしまうものです。

そのため、相手が見つからずズルズルと時間とお金だけがかかってしまうとやる気が無くなってしまうのです。

 

婚活を諦めてしまう

やる気が無くなってしまうと婚活を諦めてしまいます。

 

無駄に婚活にお金を支払っていたり、貴重な休日を今後関係が続くか分からない人に時間を割いたりすることが苦痛になってくるのです。

 

うつ病になる可能性もある

最悪のパターンとしては、「婚活して親に孫を見せなければ!」と婚活が使命となってしまい、モチベーションが無い中で婚活を続けているとうつ病になってしまう可能性があります。

 

うつ病になる前にどうにかしないと!

 

婚活って大変なんだなぁ・・・。

では婚活に疲れたらどうすればいいのでしょう?

 

③ 婚活に疲れたらオススメしたいこと

 

一旦婚活から離れてみる

まずはここから初めてみましょう。

 

婚活サイトや婚活エージェント、結婚相談所に登録していた場合でもその月までで一旦有料会員を辞めたり、休会して婚活から頭を離すようにしましょう。

 

1ヶ月から3ヶ月ほど一切婚活のことを忘れて、休日は遊んだり趣味をしたりして婚活に対するパワーを充電することでやる気が出てきます。

 

再度婚活を始める際は、前回の婚活でうまくいったところとうまくいかなかったところを分析して、うまくいかなかったところを違う方法でやってみると結果が違ってくることもあります。

 

例えば、マッチングが少ない場合はプロフィールや写真を変えてみたりすることでマッチングが増える可能性があるのです。

 

婚活以外でも疲れたり、やる気がなくなったら一旦離れてみることはよく言われるよね。

 

仕事でうつ病になった人やなりそうな人には仕事から離れるように言われることもあるからね。

 

でも婚活を続けたい場合で疲れた時はどうするんだろ?

 

④ 婚活に疲れたけど婚活を辞めない場合は・・・

 

期間を決めて婚活する

マラソンでも仕事でも残り時間が無い時にラストスパートをかけますが、それを婚活でも利用します。

 

「期間を決めてもそれまでにできなかったらどうする?」と思うかもしれませんが、そういう考え方ではなく、誰かと付き合うまでに発展するように気合を入れて決めた期間中は婚活に時間を割くようにするのです。

 

本気で集中すると1ヶ月から3ヶ月で恋人ができることは多いです。
(私の経験上です)

 

 

妥協した相手を探す

容姿、年収、学歴、年齢など結婚するならこんな人と決めていると思いますが、見つからないならどんどん結婚対象の条件を広げるのも一つの手です。

 

妥協と聞くと付き合ってもすぐ別れてしてしまうような気もするのですが、自分の条件以外のところが気に入って結婚まで行くケースも聞いたりします。

 

男性の場合は、年齢が若い人を選ぶと思いますが年上を狙ったりしてみてはいかがでしょうか。

 

女性の場合は、年収が高い人を選ぶ傾向がありますが年収が低くても結婚はできます。

 

婚活で受け身にならない

「待つ」ことは時間の無駄です。

 

「いい人が私を探してくれる」というロマンチスト思考は婚活では通用しません。

 

なぜ婚活しているかを考えてみましょう。

 

売れ残ったからです。

 

「いい人が私を探してくれる」のは学生から20代前半まででそれ以降は誰も探してくれません。

 

受け身にならずにアクティブに色んな人に絡んでみたり、デートしてみましょう!

 

⑤ さいごに

 

婚活は特に精神的にパワーを使います。

 

疲れたなと思ったら一旦リフレッシュすることも視野に入れつつ無理の無い婚活で結婚まで持っていくようにしましょう!

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結びの会員登録はこちらから

ゼクシィ縁結び

おすすめの記事