ゲーム好きなオタクの最適な恋活は!?アプリ?厳選した5つのオススメの恋活とは?
スポンサーリンク

一昔前まではゲームと言えば、子供がやるもので大人がゲームをしていると「いい歳でなにやっているんだ」と言われていましたが、今ではe-sportsで盛り上がるようにもなりました。

 

ゲームも多様化しており、ゲームセンターのゲーム機やテレビゲーム、携帯ゲーム機、スマホのゲームと様々な場所やデバイスで可能になりました。

 

現在の20代や30代は、ゲームが家にあることがほぼ当たり前の世代のため、男女問わずゲームが好きな人も多くいます。

 

動画サイトのYou Tubeやニコニコ動画でもゲーム実況動画やゲームのスーパープレイなどがたくさん上がっているくらい人気があるのです。

 

ゲームが好きな人同士で出会うことができるとそれだけで話が弾みますし、彼氏彼女は作りやすいように思えるのでゲームの趣味を持った異性を探している人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、ゲームが趣味の異性と出会える5つの方法をお教えします。

 

① ゲームが趣味の異性と出会うためには?

 

ゲームが趣味の異性と出会うためには、基本的には下記が一般的です。

  • 知り合いの紹介
  • 友達からの紹介
  • サークル活動
  • オフ会
  • オタク系の街コン
  • マッチングサイト

 

上記以外の方法でゲームが趣味の異性を探し出すことは難しいと思われます。

 

② 知り合いや友達の紹介、サークルが一番オススメ

 

この3つに関しては、なぜいいかと言うと自分の素性も相手の素性も分かるからです。

 

知り合いや友達からの紹介だと仲介役の人がお互いのことを知っているので、どのような人を紹介しようとしているか事前に分かりますし、信頼を持つこともできます。

 

サークル内で出会う場合は、自分も相手も直接話すことになると思いますし、お互いにどんな人か分かっている状態です。

 

そのため、どちらの方法もうまくいくことが多いのです。

 

しかし、デメリットもあります。

 

デメリットは、

  • 失敗した時に気まずい。
  • 失敗した時に知り合いや友達に申し訳ない。
  • 成功したときも気まずいことがある。

 

例えば、告白が失敗した時にお互い気まずくなりますし、知り合いや友達にもその情報が流れますので友達にも申し訳ない気持ちや気まずさが出てしまうことがあります。

 

また、告白が成功して付き合うことになってもピュアな心の持ち主なら知り合いや友達が事情を知っているため、恥ずかしい気持ちになるかもしれません。

 

③ オフ会は参加するまでのハードルが高いのでコミュ障ならオススメできない

 

ゲームと言えば、オンラインゲームのオフ会を開く場合があります。

 

オンラインゲームのオフ会以外にもSNSのコミュニティのようなものでもオフ会を開いていることもあります。

 

オフ会で出会うのは、ハードルが高いということは頭に入れたほうがいいです。

 

  • 顔が分からない。
  • 男性か女性か分からない。
  • 年齢が分からない。
  • 初対面で話をする。

 

とてもではないですが、コミュ障なら情報がなさ過ぎて対応に困りますね。

 

また、オフ会でいい異性がいても

  • 結婚している。
  • 彼氏や彼女がいる。
  • フリーでも告白で振られたらゲームしづらい。

など、デメリットだらけなのです。

 

そのため、オフ会はあくまでゲームの話をする場所として参加したほうがいいかもしれません。

 

また、自分がコミュ障だと思っているようでも出会いの場として参加するのではなく、コミュ障を少しでも改善するための場として参加するのはいいと思います。

 

④ オタク系の街コンなら失敗してもダメージが少ない

 

オタク系の街コンは、周りにも知っている人がいないため、オススメできるゲーム好きの異性を探す方法の一つです。

 

周りに知っている人がいないということは、告白や口説こうとして失敗しようが後々恥ずかしいことを引きずらないということなのです。

 

そのため、たくさんチャレンジできることが大きなメリットになります。

 

また、街コンの場合下記のメリットもあります。

  • 異性と次から次に話すことができる。
  • たくさんの異性と連絡先を交換できる可能性がある。
  • 一人でも参加できる街コンがある。
  • 相手もオタク。

 

もちろんデメリットもあります。

  • 初対面の異性と話し続けるため、コミュ障には辛い。
  • 連絡先を交換できないこともある。
  • 全ての異性と話せないため、目当ての人と絡めないこともある。
  • 相手が何のオタクか分からない。

 

オタクの街コンは、ジャンルが限定されているものもありますが、広義の意味のオタクとして扱われていることもあるため、ゲームが好きではなくアニメが好きなオタクも混ざっている可能性があるのです。

 

街コンはコミュ障には辛いですが、彼氏や彼女を作りたいと思っているならコミュ障を少し改善する必要があります。

 

1回の街コンで必ず彼氏や彼女はできるものではないため、自分が初対面の人でも話せるように練習として行ってみることもアリです。

 

もしかしたら、練習で行った街コンで彼氏や彼女ができる可能性もあるので、自分から動くことが大切なのです。

 

オススメの街コンは?

 

オタクの街コンは、地域の商店街が企画や運営しているケースもありますが、いつ街コンが行われているか分からないことが多いです。

 

そのため、開催される街コンを検索できるサービスを利用することをオススメします。

 

街コンジャパン

街コンジャパンは、街コンから婚活パーティまで幅広いイベントを探すことができます。

TOPページは、検索のしやすさが特徴的で

  • カレンダーから検索
  • 地域から検索

することができます。

また、特集からもオススメできる出会いの場もありますので、気になった特集から探すことも可能です。

街コンを全国から探すことができるため、都内や大阪などの大きな都市以外の地域の街コンも探すことができるので、全国の人が検索できることも大きなメリットになります。

一人から参加できる街コンもあり、平均の料金は男性一人5000円〜6000円台で参加することができます。

街コン以外にも趣味コンなどもあるため、いろんなタイプのイベントに参加できることも特徴です。

 

街コンジャパンの場合、オタクの街コンよりもオタクの婚活のほうが多くイベントがあります。

 

アニメや漫画寄りのイベントが多いですが、全国で月に1回以上は開催しているイメージがあります。

 

ゲームの趣味の人も参加できるイベントもありますので、是非参加してみてはいかがでしょうか。

 

参加チケット購入

なお、月に500円のメンズパスに登録すると街コンジャパンに掲載されている街コンなどのイベントが10%オフになります。

7000円のイベントの場合・・・

7,000円-700円(10%割引分)+500円(メンズパス)=6,800円

月に2回イベントに参加するとメンズパスのもとが取れてしまうお得なパスなのです。

メンズパス

街コンMAP

街コンMAPも全国で検索できる街コンの検索サイトです。

街コンジャパンよりも数は少ないですが、同世代コンや大人の街コンなど若い人だけが対象ではなく、少し年齢が高い人も参加できることが特徴的です。

各都道府県の平日の街コンと土日の街コンで分けて検索することができるため、アナタが行きたい日の街コンを簡単に探すことができます。

  • 完全着席(席替えタイムあり)
  • 男女比1:1
  • 駅チカ
  • 1人参加や初参加でサポートしてくれる

と言ったこともこともあり、女性にも人気の街コン検索サービスになります。

 

街コンMAPは、オタク系の街コンの開催は少なめです。

 

もしかしたら街コンの参加者の中に紛れ込んでいるようなオタクを見つけることが必要になるのかもしれません。

 

街コン用

 

⑤ マッチングサイトなら趣味が分かるのでアプローチしやすい

 

オタク系のマッチングサイトは存在しませんが、マッチングサイトには趣味や興味があることを選ぶことができます。

 

そのため、「アナタがどんな趣味や興味があるか」もそうですが、「相手がどんな趣味や興味があるか」も分かることができるのです。

 

その中にはゲームが好きな人で探すことも可能なので、相手の趣味や興味を見ながらどの異性にアプローチするかを決めていくこともできます。

 

ただし、ガチゲーマーじゃない人も多いので少し様子を見ながら自分の趣味の話をしていくようにしないと相手が引いてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

オススメのマッチングサイトは?

彼女探しのマッチングサイトは、若い女性が多く、女性が無料で利用できるサイトがオススメです。

マッチングサイトも全国で探すことが可能なので、アナタの行動範囲で探してみましょう。

ペアーズ


ペアーズは、

  • 累計会員数1000万人突破
  • 毎月約7000人に恋人ができている
  • 交際に至ったカップル20万人以上

と、たくさんのカップルが誕生しています。

男性が利用するためには、

  • 年齢認証で運転免許証が必要。
  • 有料会員になる必要がある。

ため、少し面倒な部分はあるかもしれません。

しかし、下記のようにどのような女性か分かる

  • 女性の顔が分かる写真がある。
  • 年齢、居住地、職業などプロフィールが豊富。
  • コミュニティ機能で趣味や興味が分かる。

ため、どのような女性でどんなことが趣味なのか分かる特徴があります。

アプリ版もあれば、Web版もあり、どちらも同じアカウントでログインすることが可能なため、気軽に使えることもメリットです。

pairs3

with


withはメンタリストDaiGoさんが監修しているマッチングサイトです。

DaiGoさんが監修しているため、遺伝子レベルでアナタと相性のいい人を探すこともできるんだとか。

男性が利用するためには、ペアーズと同様に下記のことが必要です。

  • 年齢認証で運転免許証が必要。
  • 有料会員になる必要がある。

しかし、

  • 心理テストのようなイベントがある。
  • 価値観や気がどのくらい合うか。

という特殊なイベントや機能があるため、アナタの心理テストの結果によってオススメできる女性を紹介してくれます。

少しマッチングサイトで遊びながら彼女を探してみたい人にはオススメします。

withもアプリ版とWeb版があり、どちらも一つのアカウントで利用することが可能です。

with(ウィズ)

イブイブ


平均3ヶ月で恋人ができる人もいるくらい恋活に力を入れ始めたサイトです。

イブイブは、You Tubeにも公式のチャンネルを持ち、男性が女性の気になるところを不定期にアップしています。

最近本格的に力を入れてきたマッチングアプリのため、ペアーズwithのように会員数は多くないですが、100万ダウンロードを突破したりと急上昇しているマッチングサイトになります。

なるべく早く女性と会ってみたいという人にはオススメできるマッチングサイトになります。

まずは、You Tubeのチャンネルを見てからアプリをダウンロードするか決めてみてはいかがでしょうか。

 

服装や身だしなみには気をつけましょう

 

全てのオタクがそうではありませんが、やはりコミケなどのオタク系のイベントを見ていると服装や髪型など見た目を気にしない人が多い印象があります。

特に男性に顕著にその傾向があるので、出会いを求めるためにアクションすることはいいことですが清潔感のある見た目にしてから恋活するようにしましょう。

 

ヨレヨレの服や年相応ではない服ではなく、一度服の店員さんに相談しながら上から下まで買い直してみましょう。

 

また、お風呂に入ったり、髪型も変えてみましょう。

 

⑦ さいごに

せっかくゲームが好きなら一緒にゲームで遊べる異性と出会うことができたらいいですね。

 

そのためには、

  • 知り合いの紹介
  • 友達の紹介
  • サークル活動
  • オタクの街コン
  • マッチングサイト

 

の5つがオススメです。

 

ただし、それぞれメリットもあればデメリットもあるのでアナタが許容できるデメリットでチャレンジしてみることをオススメします。

スポンサーリンク
おすすめの記事