年の差 結婚 反対
スポンサーリンク

最近、40代男性と20代女性との結婚が増えているみたいです。

 

今勝くん
芸能人だと年の差の結婚ってよく聞くけど、知り合いで年の差の結婚って聞かないなぁ。

ネコ吉
そりゃ、年の差の結婚が増えてきたけど日本全体だと一部だろうから周りにそんな人いないかもしれないぞ?

 

アナタの周りでも結婚している友人や知り合いを思い浮かべても5つ離れているくらいだったりしませんか?

 

干支が一回り違うような結婚はテレビの中だけに聞こえるのも確かです。

 

しかし、中には年の差が一回り違うことだってありえるのです。

 

年が離れていなくても相手の親に挨拶する時に結婚を反対されそうな気はしますが、年が離れているとさらに結婚を反対される可能性は高くなります。

 

まず、年が離れているとなぜ相手の親に反対されるのでしょうか?
ダイヤモンドシライシ
 

① 年を取っている分将来の不安がある

 

男性側、女性側どちらが年上でも年下側の親からは年を取っている分、将来の不安があります。

 

病気や事故で亡くならずに寿命まで生きた場合に先に亡くなってしまうからです。

 

2018年時点での平均寿命は、

女性が87.26歳

男性が81.09歳

です。

 

男性側が12歳年上の場合で寿命まで生きると、相手は18年間一人で生きていくことになってしまうのです。

 

今勝くん
ええ?18年!?
子供一人が独り立ちするくらいの年齢じゃん!

 

そういうことを考えたら年上側の親にも反対される可能性はあります。

 

また、女性が年上の場合、親から見て孫のことを考えてしまいます。

 

女性が高齢だと子供を産むことが難しくなってくるので、そのことを考えて親が反対する可能性が高いのです。
エクセルコダイヤモンド
 

② 年が離れすぎると価値感の違いで離婚してしまうことを考えてしまう

 

将来のこと以外にも

「この2人は結婚してうまくやっていけるのだろうか?」

「こんなに年が離れていると話題も合わないだろうし、価値観も違ってすぐ離婚してしまうのではないだろうか?」

と不安になります。

 

普通に考えると6歳年が離れているだけでも中学校入学時に相手は小学校入学ですからそれだけでもかなり離れているように思えます。

 

それが10年、20年と離れてしまうと学生時代に流行っている曲も違えば流行っている話題も違います。

 

話題が変わってくると価値観も変わってくることもあります。

 

例えば、バブル前後に働いている人たちは家庭よりも仕事を重視する考え方が多いですが、平成の後期に社会人になった人たちは、仕事よりプライベートを重視する傾向があったりと価値観が全然違うのです。

 

例だと30年違いますが、実際職場でも10年くらい違うと学生時代に流行っていたことを話しても分かってもらえなかったりするのが現実です。

 

ネコ吉
でも2人の話が結婚まで進んでるならその辺はうまくいっているのでは?

 

でも結婚する前と結婚した後は違うと思ったり、相手のことをよく知らないことが多いので反対されるようです。
婚約指輪
 

③ 親と年が同じくらいだと混乱する

 

今勝くん
自分が親だったらこれはびっくりする!

 

若くして親が産んだりすると子供と親の年齢差があまり無いです。

 

その息子や娘が連れてきた相手が親の年齢と変わらなかったり、親より年上だったら親は混乱します。

 

父親がやってみたい「貴様に娘はやらん!」というセリフ。

 

父親より年上なら敬語になってしまいます・・・。

 

また、接し方にも困ります。

 

初回は特に混乱してしまうのです。

 

ネコ吉
年が離れているとこの辺はしょうがないよね。

ではもし反対されたらどうすればいいのでしょうか?
ダイヤモンドシライシ
 

④ 両方の親に上手な説得が必要

 

親の説得は年が離れていようが離れていなくても必要です。

 

ただ、年が離れていないほうが説得しやすいっていうだけです。

 

では説得の方法はどうすればいのでしょうか?

 

  • 事前に説得が簡単な人から埋めていく
  • なぜこの人かを伝える
  • 年の差のリスクを承知していることを伝える

 

事前に説得しやすい人から話していくと味方が増える

年の差だろうが同い年同士だろうが、突然結婚の話をしにいくと拒絶されます。

 

まずはお互いの親または同居している祖父母で年が離れていても結婚を許してくれそうな人に

「いい人が見つかったこと」

を伝えましょう。

 

そうするとどんな人か聞かれるので、そこで話してみましょう。

 

たぶん、男性が年上なら女性側の父親、女性が年上なら男性側の母親が一番最後の結婚する時に伝えることになると思います。

 

難しい人を説得する時は、

  • なぜこの人か
  • 将来のリスクを分かっているのか

と親から質問が来た時に答えられるようにしておきましょう。

 

早めに相手を親に紹介する

事前に説得することと似たようなことですが、結婚すると決めてから合わせるのではなく、付き合っている段階で親に紹介すると結婚までに相手のことを認める可能性があります。

 

ずっと反対されてしまう可能性もありますが、時間の経過が解決してくれることもあります。

 

同じ人に会っていない期間もずっと怒る人ってそうそういませんよね?

 

時がたつにつれて

「まぁ、いいか」

と考えるようになることもあるのです。

 

何事も早めに動くことが重要ですね。
I-PRIMOアイプリモ
 

⑤ さいごに

 

年が離れていることで反対される可能性が同年代の結婚よりも高いですが、そこは2人で乗り越えることが重要です。

 

ここでくじけてしまようでしたら、本気で結婚する気はないと思われてしまうので、戦略的に攻略しつつ、気持ちで結婚することを伝えましょう。
エクセルコダイヤモンド

スポンサーリンク
おすすめの記事